Findomation blog

好きなことを好きなように表現して生きていく

【体験談】新卒で入った会社を辞めたくなったら無理しないでOK。我慢するときついだけ

スポンサーリンク

 

 

 

まだ入社して2週間足らずですけど、もう会社辞めたいと思ってませんか?

10年前の自分に向けて書いてるので図星なはずです笑

 

 

4月に入ったばかりなのに辞めるのはさすがに良くないんじゃないか。

 

せめて半年は働かないとそう思って実際はなんとか半年は耐えました。

とはいえ、いま振り返るとべつに4月で辞めようが半年で辞めようが関係なかったなと思います。

 

サラリーマンとして転職する気がないんだったら全然OKです。今後もサラリーマンを続けるつもりなら、我慢する忍耐力が必要なので続けたほうがいいとは思いますけど

 

新卒で入った会社を今すぐ辞めたいけどどうしたらいいか悩んでいる。

そんな当時の自分に向けて、アドバイスするカタチで書いてみます。

結論いうと、正社員辞めてさっさと派遣に転職しよう!です。

 

目次

 

辞めたいならすぐ辞めればいい

辞めたいと感じてるのあれば直感に従ってさっさと辞めちゃいましょう。

世間の声はオールスルーでOKです。

 

そもそも正社員にこだわる必要なんてまったくないですよ。

派遣とかアルバイトでもお金は稼げるじゃないですか。なんで大学出たら正社員にならないといけないのか?そんなルールどこにもないですよ。

 

選択肢の1つとして正社員があるだけですからね。

 

新卒で入ったときってなぜか正社員の呪縛に囚われてるんですよね。正社員が絶対で、それ以外(フリーターとか)はクソみたいな、ナゾな価値観を持ってました。

学校で植え付けられた価値観がそうさせるんだろうなと、今でははっきり自覚できます。

 

 

ぼくですか?いまは派遣と副業しながら生きてます。プライドを捨てて、世間体をいっさい気にしなくなったところ、たどり着いたのがWワークでした。このスタイルがいちばん性に合ってると気づいたんです。

9時18時の週5勤務とか二度と戻れる気がしない

サラリーマンはぼくには無理ゲーでしたね笑

 

派遣と副業のWワークスタイル

いまは週4日、週に約20時間労働で派遣社員としてはたらいてます。これでも多いと感じます…

一般常識からズレてるのは百も承知です笑

 

正直お金はないけど、それなりに楽しく生きてます。時給1600円でほどほどにはたらきながら、ブログ書いて生計立ててます。俗にいうWワーカーです。10年前のじぶんからはまったく想像できない現実に身をおいてます笑

入ったばかりで慣れるまでは大変ですけど

 

▼関連記事

www.qlioplus-sub.com

 

 

 

サラリーマンが向かないと感じるのは、働き方が合わないからだと思います。朝9時から18時まで週5日、おまけに残業もあります。

世間に合わせて生きるのって意外とシンドいもんです。ぼくは社会不適合者でした笑

正社員に向かない価値観を挙げるとキリがないです。

 

 

・定時にはきっちり上がりたい

・マイペースにはたらきたい(午後だけ、夕方だけ、週3日だけetc

・飲み会にお金を使いたくない

・午前中は好きなことをしたい

・満員電車には乗りたくない

・会社に行くために朝早く起きるのはイヤだ

・スーツを着たくない

・上司にペコペコごまを擦りたくない

・できるだけ人と関わりたくない

 

 

やばいですよね笑

こんな人間が正社員なんて務まるわけないです。転職したところで無意味です。

おなじことを繰り返すだけですから。

 

 

正社員にこだわりすぎない

正社員にこだわりすぎると生きづらさを抱えたままです。

派遣なんかクソだ!みたいな変なプライドを持ってませんか?

 

捨てたほうがいいです、マジで。

 

時代は変化してるんですから。1つの会社にしがみついて給料に頼る時代はとっくに過ぎてますよ。

雇用形態なんかどうだっていいんです。

複数の収入源をもって、多様な働き方を受け入れつつ、自分のやりたいことを追求していく人生もアリだと思うんです。

 

仕事に忙殺されて、じぶんが何者かわからないまま一生を終えるより、

じぶんのやりたいことを見つけて、自分なりの幸せを追求するほうがよほど有意義だとぼくは思います。

 

お金は生活できるぶんさえしっかり確保できれば、あとはなんとかなります。

派遣で最低限の生活費をまかないつつ、じぶんのやりたいこと(副業)でお金を稼ぐスタイルもあることを知っておくと、生きるのがラクになります。

 

1つの価値観に縛られないことが、ストレスフリーなライフスタイルを確立するうえでも欠かせないです。

 

我慢せずに辞める決断を

当時のぼくはたぶん5月病でした。入社1ヶ月足らずで土日だけが唯一の楽しみになってましたからね

毎週同期とあつまって居酒屋で憂さ晴らししてましたね。神田と新橋のガード下が多かったかな笑

 

それでも日曜の夜になると憂鬱で仕方なかったです。サザエさん症候群ってやつですね。こんな生活をずっと繰り返すのか?と自問自答してました。

 

ホームシックにもかかりました。

福岡に帰りたすぎて上司に相談したこともあります。

 

福岡にも営業所があったので、そこに異動してもらえないか打診してみたんです。答えはノー。「お前は本社勤務として採用したんだからまずないよ。福岡営業所は人も足りてるし。」

 

 

もはや絶望でしかなかったです。仕事は楽しくないしどんどん出社するのは嫌になってくるし、せっかく入った給料はストレスで飲み代に消えるだけなんのために生きてるんだろう?

 

頭がおかしくなりそうでした。寝不足で頭がぼぉ~っとしてて、仕事でもミスを連発しました。FAX送信先をまちがえたり、コピーすらもまともに取れない典型的ダメ社員です。

 

同期は20人いたんですけど、パソコンが使えないのはぼくだけだったので、なおさら取り残された感がありました。ブラインドタッチもできない、エクセル入力すらもままならない…実務能力のなさに唖然としました。

 

ついには同期からも「顔色悪いけど大丈夫?」といつも心配されるようになりました。

 

よくぞ半年もがんばったなと、振り返っても思います。完全におかしくなる前に辞表を提出できたのは、自己防衛機能がはたらいたおかげかもしれません。

 

半年も1ヶ月もさほど変わりない 

せっかく最終面接をパスして内定をもらった会社なんだから辞めるのはもったいない。

東証1部上場の正社員として働けることになったんだし、親も喜んでくれてるので期待に背くわけにもいかない。高い学費を出してもらったんだからちゃんと恩返ししなくちゃ。

 

少なくとも当時はそんな思いを抱えてました。

これがぼくを苦しめてた一因でもあったんです。他人の目を気にするあまり、辞めたいけど辞められないジレンマがありました。

本当はさっさと辞めたかったけど、世間体を気にしてせめて半年は耐えようと決心してたんです。

1年未満で辞めるのであれば、いつ辞めたってたいして変わんないのに笑

『石の上に三年』も心のどこかに引っかかってましたね。すぐ辞めると辞めグセがついて転職できなくなると思い込んでました。

 

これも正社員しばりの洗脳ですね。派遣社員に転身するならまったく関係ないです笑

なんの疑問ももたず、ふつーに就活してふつーに内定をもらって就職すると、いつしか正社員至上主義のマインドが植え付けられていくんでですよね…。

 

新卒で入った会社をすぐ辞めたところで、いくらでも再起できます。経験からも痛し痒しですね。

 

あまり重く考えず、ラフに捉えてOKですよ。人生なんとかなるもんですし^^

 

辞めたかったら辞めればいい。そのかわりすべては自己責任。それだけの話です。