Findomation blog

コスパよく幸せに生きていく

【経験談】受電コールセンターはじめて3ヶ月経過した感想。残業する機会が増えてきた

スポンサーリンク

コールセンターで働きはじめて3ヶ月が経過しました。

受電のコールセンター業務ははじめてだったので、最初はものすごく抵抗あったんですけど、最近はとくに抵抗もなくなってきました。慣れってスゴイですね…。

3ヶ月も経てば一応業務には慣れてきます。

ミスもちょこちょこやらかしてますけど、なんとか派遣契約は更新できてますw

受電のコールセンターで3ヶ月経過した感想をつらつら書いていきます。

 

 

目次

  

はじめて3ヶ月経過した感想

 

やっと3ヶ月か…というのが本音です。短いようでめちゃめちゃ長く感じます。

センターの雰囲気が悪く、ギスギスしてるので居心地が悪いのが原因ですね。

管理者もつねに仕事に追われてて余裕がない感じです。社員はネカフェ泊まりも日常茶飯事だとか。

 

完全なるブラックですw

 

3日もたずに消えてしまう派遣社員が後を絶たない状態が慢性的に続いてます。

ひとの入れ替わり激しすぎて、いちいち名前覚えるのがメンドウになるくらいです。

 

ベテランスタッフは毎日のように新人研修してます。流れ作業のようにルーティーン化してます…。

 

3ヶ月いると職場の流れがだいたい理解できるようになりますね。

ブラック企業のコールセンターで勤務してるという自覚が芽生えましたw

 派遣探しならリクナビ派遣がおすすめです。日本最大級の派遣求人サイトです。

1ヶ月経過したときとの心境の変化は?

コールセンターは就業してみないとわからないことがたくさんあります。

いままでアウトバウンドを中心に、5社ほどコールセンターを経験しましたけど、ぶっちぎりのワーストです(汗)

 

管理者がつねにイライラしてて機嫌悪そうなのは問題ですよホント。

席の近いオペレーターには容赦なく伝わるので、リラックスして仕事ができないという。

3ヶ月間の苦行に耐えて、なんとか今も踏みとどまっているのが正直なところです。

早く辞めたほうがいいんですけどね…。

1ヶ月経過したときよりも、辞めたい度合いは増してますw

 

仕事に慣れたら「続けてもいいかな」って気持ちが芽生えるかと思いきや、まったくです…。

 

ブラックでも続いてしまう理由

次の職場を探すのがめんどくさいのと、時給がいいのでなかなか辞めれずにいます。

1ヶ月経過したときにも書いたように、発信よりラクなのは事実です。

 

 

人それぞれ感じ方はちがいますけど、個人的には発信のほうが精神的ストレスがすごいです。

ノルマに追われるストレスももちろんありますし、毎回おなじ言い回しでしゃべるのでだんだん単調になってきて飽きてくるんです。

健康食品の定期購入を促すアウトバウンドをやってたんですけど、飽き性なぼくにはストレスフルでした。 

おなじことをずっとやり続けるのが苦痛で、ぜんぜん時間が経たないんですよね。

時間経過スピードが遅いのがネックでした。

 

いまの現場は職場の雰囲気こそ最悪ですけど、あっという間に時間が過ぎるのだけは救いです。

電話代行の受電業務なのでクライアントの数だけ対応の仕方も変わります。

トークスクリプトもちがえば、お客さんの層も変わるので変化があります。

 

・次を探すのがめんどくさい
・時給が高い
・時間すぎるのが早い

 

上記の理由から、ブラックでもどうにか続いてます。

受電のデメリットに気づき始めた

 

対応クライアント数が増加

3ヶ月も経つと、任されるクライアントの数も増えていきます。

1人で15社くらい対応できるようになりました。

対応できるクライアントが多ければ多いほど、受電時間も長くなるので仕事に集中できます。

あっという間に時間が経つのでお得感はあります。8時間勤務でも5時間くらいに感じます。

 

【事実】残業する機会が増えてきた

 

ただべつの問題もでてきました。 残業する機会が増えつつあるんです。

30分の残業は当たり前になってきました。

15社あるうちの1社が、終業間際にコールしてくるので取らざるを得ないという…。

 

日にもよりますけど、平日はほぼ鳴ります。

運がよければ5分程度で対応が終わることもあるとはいえ、30分かかることもザラです。

 

後処理の対応フローがめんどくさいクライアントなんですよね…。

終業間際にかかってきたら残業はほぼ確定です。

 

発信業務とちがってコールの主導権はあくまでもクライアント側にあります。

鳴ったら取らないといけないので、日によっては残業する日もでてきます。

さすがに1時間以上残ることはないですけど、帰る時間が読めないのはデメリットかもしれないです。

 

お金は稼げる 

ブラックとはいえ、残業代はもちろん出ます。

正社員だとサービス残業っぽいですけど、派遣社員だとそうもいきません。

雇用契約書にも時間外労働についてきっちり取り決められてます。

 

5分刻みでタイムシートに記入できるので残業代を稼ぐことはできます。

受電業務だと基本的にインセンティブがないので、残業する機会があるのは見方を変えればメリットといえそうです。

 

ぼくは1分でも早く帰りたいのでなるべく残業はしたくないです笑

まとめ

受電コールセンターではたらきはじめて3ヶ月。良いところ悪いところが少しずつ見えてきました。 

なにごとも経験してみないと実態はわかんないもんですね。

ひとまず半年間は様子を見てみようと思います。果たして続くのか…w

関連記事

>> 派遣先が同じなのに派遣会社によって時給が違うのはなぜ?高時給で働くなら下調べせよ