Cosper

コスパよく幸せに生きていく

【ブログ】川崎キングスカイフロントに泊まってみた!朝食付きプランがおすすめすぎる

スポンサーリンク

目の前に多摩川羽田空港が見える景色バツグンの東急REIホテルに泊まってきました。

川崎キングスカイフロント東急REIホテルというのが正式名です。イギリスの正式名称バリに覚えにくいですね笑

川崎の臨海地区の端っこにある最新ホテルです。

東急系のホテルに泊まったのは今回が初だったんですけど、最高すぎました。

部屋から離着陸する飛行機を眺められるだけでも贅沢なのに…

部屋はもちろん、本気の大浴場といい、豪華すぎる朝食ビュッフェといい、大満足もいいとこです。写真たっぷりで魅力をお伝えしていきます。

 

目次

1. 川崎キングスカイフロントまでのアクセス

川崎駅東口から無料シャトルバスが出てます。1時間に1、2本しかないので時間には気をつけたほうがいいです。定刻通りに出発します。

車でも20分かかるので歩いて行くとかは無理ですね笑もしバスに乗り遅れたら、ラウンドワンの無料シャトルバスに乗っていくという選択肢もありますけど…。奥の手として覚えておくといいかと。

 

送迎バスはフカフカのシートが気持ちよすぎて、ずっと乗っていたい欲望に駆られました。

 

川崎キングスカイフロント東急REIホテル

神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-11

京急大師線小島新田駅」より徒歩15分

 

2. ロビーの雰囲気

ホテル到着。横長い形したホテルはデザインが超おしゃれです。
川崎の工場地帯のど真ん中とは思えないですね。完全に異世界です。

ロビーも遊び心が効いててどことなくヨーロピアンな雰囲気です。
2018年オープンなので外観も内装もめっちゃキレイです。卓球台とかハンモックも置いてあって自由に使えます。

グーグルの本社オフィスみたいなかんじ?(たぶん)

 

フロントのスタッフの方もていねいな接客なので心地よくて好感持てます。さすが東急系だけに教育がしっかりしてるなぁって印象です。

 

エレベータで部屋まで移動します。扉が開いた瞬間に目に広がる景色がこれ。

ヤバくないですか?多摩川がすぐそこだし、対岸には羽田空港も見えます。
絶景ビューをおかずにご飯2杯くらいおかわりできます。

横長いホテルなので廊下の端がみえないくらい広いです。

3. 部屋の雰囲気

今回お世話になったお部屋です。空港側と工場側が見えるタイプの2種類の部屋から選べます。

飛行機好きなので空港側の景色がみえる部屋にしました。

楽天トラベル経由で1ヶ月前に予約したんですけど、1部屋朝食付きで税込11,700円でした。

>>楽天トラベルで予約する

【禁煙】スーペリアクイーンというお部屋を予約しました。

2人で泊まったので1人6000円もしないです。これで朝食付きとか信じられないですね。宿泊日が木曜だったのでおトクに泊まれたんだと思います。


狭すぎず広すぎず、ほどよくリラックスできる広さのお部屋です。

窓からはお墨付きの空港ビューが見れます。

飛行機好きにはたまらんですな。大韓航空とかカンタス航空が止まってたので国際線ですね。


羽田空港なので離着陸の頻度ははげしいですけど、騒音とかはまったく気にならないです。防音窓なんでしょうね。最近のホテルはよくできてますね。


トイレと洗面台も最新ですね。自分の部屋がこんなだったらいいのに笑
バスタブはないですけどシャワールームも完備されてます。

男女ともに大浴場があるので使う機会はほとんどないと思いますけど。


空調調節できる

前回泊まったホテルは2018年リニューアルだったのに客室で空調コントロールができない作りでした。

>>【ブログ】藤沢ホテルenに泊まってみた感想。朝食付きプランがおすすめ【コスパ最高】

 

東急REIは最新型のホテルなのでちゃんと客室でもコントロールできます。
温度調節できないホテルもあると知って少し不安だったんですけど、とんだ杞憂でした。

 

デザインがいちいちおしゃれ

打ちっぱなしのコンクリートに間接照明の組み合わせはホントおしゃれですね。

インテリアのセンス良すぎです。

ライトとか時計とかいちいちおしゃれ笑

細かいところまで配慮されててこだわりを感じます。smartとかのインテリア雑誌に出てきそうな見本部屋です。

ちっちゃいですけど備え付けのテーブルもあります。

多摩川羽田空港を眺めながら、贅沢なひとときを堪能するのに役立つアイテムです。

近所にセブンイレブンがあるので晩酌グッズを買い込んでおくといいですよ。ナイトビューがおつまり代わりです笑

 

椅子に腰掛けて、しっぽりとワインでも飲みながら気心の知れた人とナイトビューを眺めながら語り合う。これぞ大人のぜいたくです。


デザイン性だけじゃなく機能性もバッチリです。

ベッド横の机にはUSBポートも完備されてるので電源いらずでスマホ充電できます。

イマドキの電力事情をちゃんと考慮してます。

ベッドの寝心地

 

わりと硬めのベッドは寝心地もよかったです。クッション性がよくて反発力あります。上質なベッドに慣れてるひとならぐっすり眠れるはずです(ニトリのやっすい布団に慣れてる人間には上質すぎてかえってよく寝れませんでした笑) 

スポンサーリンク
 

4. 大浴場完備

撮影禁止だったので写真はなしですm(_ _)m
ホテルの大浴場って名ばかりのところが多いですけど、川崎キングスカイフロントは本気のやつでした。


公式サイトで大浴場の様子がご覧いただけます。

足を伸ばしてゆったりくつろげます。もちろん目の前には多摩川と空港が見えます。

 

1泊につき最低でも2回は利用したくなります。それくらい利用価値あります。王様気分が味わえますよ(本気)

5. ブルジョア気分に浸れるモーニング

今回の宿泊でいちばん印象に残ったのが朝食です。
食べるのが好きというのもありますけど、控えめにみても最高すぎる朝食です。


料理の種類も豊富ですし、1品1品がたしかなクオリティでどれも絶品でした。

5階にあるレストランでいただけます。朝食ビュッフェだけの利用もできます。

入り口の景色がどうみても映画のワンシーンです笑
レストランの雰囲気とリバーサイドの景色がみごとに調和してます。

 

7時に入店したら一番乗りでした。窓側の席に案内されました。

最高のロケーションが楽しめます。窓側席を狙うなら朝7時ごろには行ったほうがいいです。

朝からステーキが食べれるんですよ。目の前でオーダーして取り分けてくれます。

オーストラリア牛を使ったステーキはやわらかくて噛みしめるほどに旨みが出てきます。

 

朝からステーキは重たすぎるやろ…って思ってましたけど、パワーフードなのでかえって目が覚めます。
食欲のスイッチが入るのでビュッフェをお腹いっぱい食べるのに一役買ってくれます。

焼き立てパンも絶品です。とくにクロワッサンがオススメです。バターリッチでサクサクの食感が味わえます。

朝はごはん派の人でもカレーがあるのでご安心を。

お腹いっぱいで食べれなかったですけど、食欲そそるスパイシーな匂いが漂ってたのでまちがいなくおいしいやつです。

ソーセージのパリッと感が最高だったので、ソーセージカレーにするといいかもです。

種類多すぎて持ち帰りたい衝動を抑えるのに必死でした…笑

いままで泊まったホテルのなかでもトップクラスの朝食でした。

 

6. 総評

おすすめ度★★★★★(5点満点中)

 

眺望だけでもぜいたくなのに、それ以外の部分もレベル高すぎでした。

朝食だけでも利用する価値ありますけど、堪能しきれないので最低でも1泊以上のホテル宿泊が理想ですね。

わざわざ川崎市街にでなくても、ホテル周辺だけで1日中遊び尽くせます。

 

2020年には羽田空港を結ぶ連絡橋が出来るらしいので、そうなると宿泊費は高騰しそうです。

連絡橋ができるまでの期間がおトクに泊まれる最後のチャンスかも…。

泊まるなら今のうちですよ。

 

 

以上、本当は教えたくないホテルの紹介でした。

 

関連記事

>>【川崎グルメ】中華料理天龍は天下一まずい?タンメンと餃子食べた感想【おいしい】