Cosper

コスパよく幸せに生きていく

失敗しない!派遣が辞めるときに職場に配るお菓子はヨックモックがおすすめ【ド定番】

派遣社員での契約期間が満了になる。

お世話になった派遣先になにかお菓子を渡したいけど何を渡したらいいんだろう?

退職時に渡すお菓子のおすすめがあったら教えてほしい。』

 


こういった人に向けて書いてます。

 

先日、1年間お世話になった派遣先を退職しました。

派遣社員とはいえ、なにかお菓子くらい渡しておきたいですよね。

 

じっさい僕が現場で見るかぎりだと、派遣社員は配らない人のほうが圧倒的に多くて、配る人は少数派です。

 

ぼくも最初は配ろうかどうか迷ったんですけど、お世話になったのでやっぱり何か菓子折りの1つくらいは渡しておきたい!って思ったんですよね。

 

「立つ鳥跡を濁さず」って言いますし。

 

ヨックモックのクッキー詰め合わせを渡しました。

 

わりと喜んでくれてたので、渡して大正解でした。

誰もが知る定番のお菓子なので失敗することはまずないと思います。

 

失敗しない手土産としてヨックモックはかなり使えますよ。

50人以上の大人数に渡すときにも重宝します。


目次

 

1. ヨックモックのクッキー詰め合わせがおすすめ

ヨックモックのクッキー詰め合わせ(92枚入り)を選びました。

 


 

 

 

部署の人数を調べたらざっと70人くらいいたので、数が足りないと困ると思って92枚入りにしました。

 

配る人数よりちょっと多めくらいの数があったほうが安心できます。

足りなかったら微妙な空気になりそうですし…。

 

「私にはないんだ」とか思われるのもイヤじゃないですか。

 

とくに女性は嫉妬するのでそのへん気をつけたいです。

さすがに他部署に渡す必要はないと思いますけど、同じ部署にはできれば全員に配っておきたいもの。

 

事前にシフト表を見て部署の人数を調べておくといいですよ!

 


4種類のクッキーが入ったアソートにしました

 

 

ヨックモック定番のシガールと、3種類のクッキーが入ったやつです。

 

 

クッキー詰め合わせの中身

  • シガール 18本
  • ドゥーブル ショコラオレ 36枚
  • ドゥーブル ショコラブラン 18枚
  • ビエ オザマンド 20枚

 

 

ただチョコ嫌いも一定数いるので、シガールだけにするのもありですね。

 

みんなに配る用なので「のし」はしてません。包装のみです。

 

どうせすぐに破かれますし…。

 

カンカンに入ってるのでちょっと重たいですけど、職場のロッカーにも収納できました。


タイムシートにサインしてもらうときに管理者に直接渡そうと思ってたので、それまでロッカーで保管しておく必要がありました。

 

ちなみにぼくは百貨店のデパ地下にあるヨックモックで買いました。


ホントは楽天で買ったほうがポイントが貯まるのでお得です。

辞める前日に買ったので間に合いませんでした(泣)


まだ辞める一週間前とかであれば、楽天で買うことをオススメします。

最短3日後にお届けなのでギリ間に合います。

 

3,980円以上であれば送料無料なので店頭で買うのとおなじ値段です。

>> 楽天でヨックモックを購入する

 

2. ヨックモックをおすすめする3つの理由

みんなが知ってる定番商品なので選びやすいというのも決め手です。

それ以外にも3つ理由があります。

 

2-1. 大人数に配れる

クッキー1枚1枚が個包装なのでバラマキ用にピッタリです。

クッキーは薄くて小さいので、机の上に置いてても邪魔になりません。

 

後日、管理者に配ってもらうにしても、クッキーなら渡しやすいはず。

 

大人数に配るのにちょうどいいんですよねぇ。

受け取った側もクッキーなら持ち帰りやすいと思います。

 

2-2. 日持ちする

賞味期限は製造から120日なので約4ヶ月持ちます。

 

焼き菓子のなかでもクッキーは日持ちしますよね。

4ヶ月あればさすがに賞味期限切れになる心配とも無縁です。

 

1ヶ月前とかにあらかじめ買っておいても問題なし。

 

2-3. コスパがいい

最初は鳩サブレーを渡そうと思ったんですけど、あれけっこう高いんですよね笑

 

48枚入りで5,400円だったので予算オーバーでした。

人数分渡そうとすると1万円以上かかってしまいます…。

 

派遣社員でそこまでお金をかけるのもなんかヘンですよね。

せいぜい5000円くらいが妥当だと思います。

 

ヨックモックのクッキー詰め合わせは値段もリーズナブルなんですよね。

92枚入りで5,400円ですからね。

 

50人以上に渡すとなると、コスパも大事になってくるのでこれは重宝します。

ヨックモックって高そうなイメージを持たれて気がしますけど、意外とお値打ちなんですよね。

 

3. 渡すタイミングは就業後がいい?(体験談)

ぼくは就業後に管理者に渡しました。

タイムシートにサインしてもらわないといけないので、そのときに渡しました。

 

ぼく「すみません、これぼくからです。後日で良いのでみなさんに食べてもらえたらと思います」

管理者「お気遣いありがとうございます。明日みなさんに配りますね」

 


こんな感じでスムーズに受け渡しできました。

 

中には就業中に個別にあいさつしながら配ってる人もいましたけど、個人的には就業後がベストだと思います。

 

就業中だと人によっては「サボってる」とみなされる可能性があるので…。

最後の最後で時給泥棒のレッテル貼られるのはなんとしても避けたいです笑

 

印象を悪くしないためにも、業務中はしっかり業務をこなすのが無難かなと。

※事前に管理者に許可を取ってる場合や、暇な時間があるときは問題ないと思います。


管理者に渡すときは、お手間を取らせてしまうので一言告げて渡すと印象がちがいます。

 

「ご負担をおかけしてすみませんが、よろしくおねがいします。」

 

さりげない一言を付け加えるだけで相手の印象も良くなります。

わりとうまくいった方法なので、ぜひ真似しちゃってください。

 

4. ヨックモックを受け取った人の声

 

 


退職時の代名詞ってかんじですね。

絶大な信頼とバツグンの安定感があるのでハズれる心配がないですね。

 

5. まとめ

派遣が退職するときに渡すお菓子としてヨックモックは重宝します。

 

少人数から大人数まで幅広いシーンで使えるので「困ったらヨックモック」と覚えておけばOK。

 

値段もリーズナブルなので金銭的負担も少ないですし、受け取った側も喜んでくれます。

 

ド定番ではありますけど、失敗することがないので安心して職場を後にすることができます。

どうせ辞めるなら気持ちよく立ち去りたいですよね。

退職時の挨拶代わりにおすすめです。

 

関連記事