Cosper

コスパよく幸せに生きていく

忙しい生活が苦手な人へ【疲れたら無理せずのんびり生きればOK】

忙しい生活に疲れたなぁ。

もともと時間に追われた生活は苦手だし、自分の性格にもあってない気がする…
もっと気楽にのんびり生きたいけど、どうすればいいかわからないな。

誰か生き方教えて〜。

 


こういった疑問に答えます。


週3〜4で派遣しつつ、ブログで副収入を稼いで生きてます。

完全に自由ではないですが、わりとのんびり生きれてます。

 


まずは下記のツイートをご覧下さい。



 

忙しい生活を手放していったら、徐々にストレス指数が下がってきました。

 

時間的な余裕ができたことで、勉強したり好きなこと(ブログを書く)に時間を割けるようになったのもストレスが減った要因だと考えます。


忙しい生活にストレスを感じなくても大丈夫です。

のんびりとマイペースに生きる方法です。

 

 

疲れたら無理せずのんびり生きればOK

 


無理して忙しい生活を続ける必要はまったくないです。

 

 

社会人になると急に忙しくなる

学校を卒業して社会で働き始めると時間的余裕が失われますよね。

 

・大学生→単位さえ取ればあとは遊び放題

・社会人→基本的に休みは土日だけ。平日は8時間勤務(残業もアリ)

 


社会人1年目はギャップに悩まされます。

 

入社半年で辞めました

大学4年の春に内定をもらい、意気揚々と新卒で都内の会社で働きはじめたはいいものの、サボりまくりの大学生活とのあまりのギャップに心とカラダが追いつかず、気づいたら半年で辞表出してました笑

 

大学とかバイトって自分で自由に時間を決めれるじゃないですか。

でも会社員になると、月〜金までの5連勤がルーティンになります。

 

大学生気分が抜けないまま社会人になると、5連勤はシンドすぎました。

生活スタイルが激変しすぎて心身ともに疲れてしまい、目まぐるしいペースについていけませんでした…。

東京の会社だったので余計にペースが早く感じたんですよね。


【参考】


 
地方からの上京組だったので、東京の生活に慣れてなかったのも要因ではありますが。

 

忙しい生活が合わない→ストレス溜まるだけ


忙しいほうが充実してて好きって人も中にはいますが、この記事を読んでる人はそうじゃないはず。

僕と同じように、慌ただしく1日が過ぎていく生活が苦手だと思います。

 

✔慌ただしい一日の定義

  • 仕事に追われて自分の時間を持てない
  • じっくり考える余裕がほしいけど時間が足りない
  • 人と接する時間が長くて頭が整理できない


こういった現実に直面すればするほど、だんだんストレスを感じてくると思うんです。

むず痒さといいますか、なんか束縛されてるような気がして落ち着かないんですよね。

 

 

消化不良のままどんどん次の日が訪れるというか…

掃除したいけど、片付ける時間がなくてできないストレスに似てるかもです。

 


マイペースなのんびり屋さんにとって、忙しい生活は身を削るばかりで精神的によくないです。


自分の性格に合わない働き方をしてしまうと、ストレスは溜まるばかりで心がボロボロになります。

 

ストレスが溜まる→思考停止→無駄遣い増える

あくまでぼくのケースですが、頭を整理できなくなって、まとまな思考ができなくなりました。

圧倒的に無駄遣いが増えましたね。

 


✔無駄遣いの具体例

  • 朝からスタバでモーニング
  • 高い服をクレカで買う
  • 仕事終わりに居酒屋に飲みにいく
  • 休日にフラッと海外旅行(台湾、香港)
  • 恵比寿の美容院でカット6500円
  • 合コンに参加する
  • 家賃9万円の港区のマンション住まい
  • 週1でマッサージ通い

 

分不相応ってやつですね。

会社員時代の散財ぶりについては下記をご覧ください。

 

【参考】 

 

 

心が疲れてくると、正常な思考コントロールができなくなって、自分でもよくわからない衝動的な行動を取りがち。あとで虚しさを感じます。

 

週2でマッサージ通いとか、無駄遣いの最たるものですよね。

 

「がんばった自分へのご褒美」「カラダのメンテナンスは自己投資」と言い聞かせながら新橋のマッサージ店を開拓しまくってました。


時間に追われて心身に余裕がなくなってくると、癒やしを求める行動に出がちです。

 

夜のいかがわしいお店にも通ってましたね…。

お金がもったいないとわかっちゃいるけど歯止めが効かなくなってました。

 

自己を抑制する力が著しく奪われてました。

忙しい生活にストレスを感じると、おかしな方向に走り出すんですよね…。

 

自分の性格に合わない働き方を続けるかぎり、無駄遣いはなくならないと自覚してます。

 

無駄遣いが止まらないなら、強いストレスを抱えてる証拠ですし、もしかすると働き方が性格に合ってないのかもしれません。

 

心が疲れたと感じたときが行動に移すサイン


結論は、のんびり生きる方法を選びましょう。


ぼくも含めて、フルタイムが合わないと感じる人は会社員向きじゃないと思います。

 

フルタイム:週40時間労働、週5勤務

 


大多数の労働者が当然のようにこなす週5勤務ですら辛いと感じるくらいですからね。

良くも悪くも社会不適合です。

 

なのでレールに乗ろうと思っても、はみ出してしまう運命だと受け入れましょう。

 


社会不適合者には会社員生活はハードすぎますし、フルタイムの仕事もシンドいです。

 

最初は大丈夫でも、いざ働きはじめるとすぐに違和感を感じてくると思います。

 

そして自分を見失いかけて「あれ?俺はいったい何がしたいんだろう?」と自問自答をはじめて、だんだん病みはじめるパターンかなと。

 

レールに沿った生き方が合わない人のお決まりの思考パターンです。

レールを降りるのは勇気がいりますが、降りてみたら意外と社会はやさしかったです。

なので安心してください。 

 

レールからはみ出しても生きれますし、むしろ快適です。

会社を辞める=自分らしく生きれる居場所を見つけるための、新たな人生の幕開けと捉えればOKです。

 

社会不適合である自分を認めて、社会不適合らしく生きていけばいいじゃないですか。

 

会社員が不適合だとしても、派遣とかバイトなら楽しく生きれるかもです。

フルタイムじゃなくても働けますからね。

僕はコールセンターで週3,4の派遣勤務で楽になりました。

参考≫ コールセンターで働くならフルタイムは危険【続けるなら短時間勤務】

 

提案:のんびり生活にシフトしよう

こだわりを無くせば人生はいくらでものんびり生きれます。

 

週5→週3〜4勤務にするだけで生きやすさは格段にアップします。

 

週3,4日の働き方に変えて7年以上経ちましたが、かなりストレスは減りました。

無駄遣いもなくなりましたし、理性的に物事を捉えるようになって、自己コントロール力も正常になったと感じます。

 

■現在の生活スタイル

・働きたいときに働いて、最低限の生活費を確保する(15万くらい)
・入りたい曜日にシフトを入れて、休みたい曜日はしっかり休む。
・1日8時間労働したら、次の日は休む
・休みの日はブログ書いて副業に時間を割く(好きなことなので苦じゃない)

 

 

暇を持て余してた学生時代に戻ったかのようです。

学生みたいな生活をしてるからか、見た目も若くなったっぽいです。

 

 

34歳なのに、「大学生ですか?」と聞かれることも増えました笑

 

ストレスが減ると若返るんですかね。

実年齢より10歳以上も若く見える秘訣は30代なのに大学生扱い?外見が若く見られる理由について考察してみたで考察してます。

 

 

あと、会社員時代から体重も7キロ落ちました。

たぶんですが、飲み会とか人付き合いが無くなったのが最大の要因かなと。

 

 

派遣社員に切り替えるだけでこんなに生きやすくなるとは思ってもいませんでした。


まずは週3,4日ではたらける仕事を探してみましょう

職種にもよりますが、派遣とかバイトだったら探せばいくらでも見つかります。

手取り収入は下がりますが、お金よりも時間のほうが優先順位が高いと気づいてると思います。

 

のんびり生きる生活を実現させたいのであれば、考え方と行動を変えれば意外とあっさり実現できます。

 

ハードワークで消耗しつつ、ぼんやり日々を生きるより、自分らしくのんびり生きるほうが幸せだと感じます。

 

生き方を選ぶ際のヒントになれば幸いです。

 

 

✓正社員から派遣社員に転向するならこちらを参考にしてください。羅針盤です。