Cosper

コスパよく幸せに生きていく

忙しい生活が苦手な人へ【疲れたら無理せずのんびり生きればOK】

忙しい生活に疲れたなぁ。

もともと時間に追われた生活は苦手だし、自分の性格にもあってない気がする…
もっと気楽にのんびり生きたいけど、どうすればいいかわからないな。

誰か生き方教えて〜。

 


こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

・忙しい生活に疲れたらのんびり生きればOK

・忙しい生活が合わない=会社員向きじゃない

・忙しい生活が合わないなら働き方を変えればいい話

 


週3〜4でコールセンターで働きつつ、ブログで副収入を稼ぎながら生きてます。

完全に自由ではないですが、わりとのんびり生きれてます。

 


まずは下記のツイートをご覧下さい。



 

忙しい生活を手放していったら、徐々にストレス指数が下がってきました。

 

時間的な余裕ができたことで、勉強したり好きなことに時間を割けるようになったのもストレスが減った要因だと考えます。

 

あくせく働く人生から、のんびりとマイペースに働く生き方にシフトした僕が、忙しい生活から抜け出すヒントをお伝えします。

 

 

疲れたら無理せずのんびり生きればOK

 


無理して忙しい生活を続ける必要はまったくないと思います。

 

 

社会人になると急に忙しくなる

学校を卒業して社会で働き始めると時間的余裕が失われますよね。

 

・大学生→単位さえ取ればあとは遊び放題

・社会人→基本的に休みは土日祝だけ。平日は8時間勤務+残業もあり

 


社会人1年目はこのギャップに悩まされます。

 

週5勤務に耐えきれず、半年で辞めました

 

新卒で都内の会社で働きはじめたものの、怠惰な大学生活とのギャップに心が追いつかず、気づいたら半年で辞表を出してました。

 

 

大学の授業とかバイトって自分で自由に時間を決めれますが、会社員になると、月〜金の5連勤がルーティンになります。

これが僕には辛すぎました。

 

大学生気分が抜けないまま社会人になると、5連勤はシンドいですよね。

 

 

生活スタイルが激変しすぎて心身ともに疲れてしまい、目まぐるしいペースについていけませんでした…。

東京の本社勤務だったので、業務量も多くてなおさらついていけませんでした。

東京の生活に慣れてなかったのも要因ではありますが。

 

忙しい生活が合わない=会社員向きじゃない


忙しいほうが充実してて好きって人も中にはいますが、この記事を読んでる人はそうじゃないはず。

僕と同じように、慌ただしく1日が過ぎていく生活が苦手だと思います。

 

 

慌ただしい一日とは

  • 本業の仕事で手一杯で他のことが手に付かない
  • 自分と向き合う時間が取れない
  • 人と接する時間が長すぎて頭が整理できない

 


こういった現実に直面すればするほど、だんだんストレスを感じてきませんか?

僕は心がザワザワするというか、束縛されてるような気がして落ち着かないんですよね。

 

 

消化不良のままどんどん次の日が訪れるというか…

部屋の掃除したいけど、片付ける時間も余裕もなくて常にイライラしてました。

 


マイペースなのんびり屋さんにとって、忙しい生活は身を削るばかりで精神的によくないです。


自分の性格に合わない働き方をしてしまうと、ストレスは溜まるばかりで精神がボロボロになります。

なかなか自分では気づけないんですが、症状としては下記ですね。

 

ストレスが溜まる→思考停止→無駄遣い増える

あくまでぼくの例ですが、正常な思考ができなくなりました。

圧倒的に無駄遣いが増えましたね。

 


無駄遣いの具体例

・朝からスタバでモーニングする

・1着2〜3万のブランド服を買う

・仕事終わりに居酒屋で仕事の愚痴を言い合う

・休日とか有給を利用して週末に海外旅行

・美容院でカット6500円費やす

・なんとなく合コンに参加する

・家賃9万円のマンションに住む

・週1でマッサージ通い

 

 

高給取りでもないのに、かなり散財してましたね。

給料はあるのに生活にはぜんぜん余裕がなくて、貯金もできてなかったです。

すべてはストレスが原因だと自覚してます。

【断言します】無駄遣いが辞められないのはストレスが原因【実体験】

 

心が疲れてくると、正常な判断ができなくなって、自分でもよくわからない衝動的な行動を取りがち。

そして毎回のようにあとで虚しさを感じます。

 

週1でマッサージ通いとか、完全に無駄ですよね。当時はまだ23歳とかでしたし。

 

「がんばった自分へのご褒美」と言い聞かせながら、新橋界隈のマッサージ店を開拓しまくってました。


心に余裕がなくなってくると、癒やしを求めたくなるのが人間の性なんでしょうね。

 

ここだけの話、歌舞伎町あたりの夜のお店にも通ってましたね…。

お金がもったいないとわかっちゃいるけど歯止めが効かなくなってました。

 

自己を抑制する力が著しく奪われてました。

忙しい生活にストレスを感じると、おかしな方向に走り出すんですよね…。

 

自分の性格に合わない働き方を続けるかぎり、無駄遣いはなくならないと自覚してます。

 

無駄遣いが止まらないなら、強いストレスを抱えてる証拠です。

もしかすると僕のように働き方が性格に合ってないのかもしれません。

 

忙しい生活が合わないなら働き方を変えればいい話


解決策としては、のんびり生きる方法を選んだらいいです。

 

フルタイム勤務から抜け出すのが最優先にやるべきことだと思います。

僕もそうですが、フルタイムが勤まらない人ってそもそも会社員向きじゃないと思います。

 

フルタイム:週40時間労働、週5勤務

 


大多数の人が疑いもせずに週5勤務してるのに、それすらも辛いと感じるくらいですからね。

言葉は良くないかもですが、社会不適合な一面があると思います。

 

なので世間のレールに乗ろうと思っても、はみ出してしまうのは必然じゃないかと。

 

 

周りの目を気にしてると疲れますよ。

フルタイム労働が正義じゃないですからね。

体を壊したら意味ないですし、一度心身を病んでしまうと、復帰できるまで時間もかかります。

 

 

慌ただしい生活がリズムに合わないと感じるなら、早めに生き方を変えたほうが生きやすいです。

 

僕は入社半年で社会のレールを降りました。

レールを降りるのは勇気がいりますが、いざ降りてみると、意外と生きていけるって気づけますよ。

 

レールからはみ出しても余裕で生きれる

会社員を辞める=自分らしく生きる居場所を見つけるための、新たな人生の幕開けと捉えたらOKです。

 

会社員が不適合だとしても、派遣とかバイトならそこまで苦痛に感じないです。

僕は派遣で働きはじめて労働時間が減ったからなのか、会社員時代よりもストレスを感じなくなりました。

 

週5じゃなくなったので、時間にゆとりができたことで気楽さを感じます。

詳しくは【実体験】飽きっぽくて仕事が続かない人に合う働き方【派遣+副業】でまとめてますが、派遣+副業をやれば正社員並、もしくはそれ以上稼ぐことも可能なので、生き方の選択肢として頭の片隅に入れておいても損はないです。

 

提案:マイペースな働き方を選んでみよう

まずは週5勤務を手放してみるのが最初の一歩かなと。

 

週4勤務にするだけで生きやすさは格段にアップします。

 

週3が望ましいところですが、周知がコロコロ変わったりする職場だと、ついていくのが大変なので週4ぐらいがちょうどいいと感じます。

週5に違和感を感じてる人は【実体験】週5の1日8時間がきついなら働き方を変えよう【正社員を手放してみた】を読むと少し価値観が変わるんじゃないかと。

 

週4勤務に変えて7年以上経ちましたが、かなりストレスは減りました。

感情任せに無駄遣いすることもなくなりました。

いかがわしいお店にも自然と寄り付かなくなりましたね笑

 

 

✔現在の生活スタイル

・週4で程々に働きつつ、最低限の生活費を確保する
・1日6時間労働
・残業は一切なし
・休みの日はブログ書いて副業に時間を割く

 

時間に余裕が生まれると、精神にもゆとりがでてきます。

手取り収入は減りますが、時間にゆとりが生まれると無駄遣いしなくなるので、プラスマイナスゼロです。

というかむしろお金にシビアになるので、節約スキルも上がりますし、会社員時代よりも貯金できてます。

固定費を下げれば、手取りが少なくても生活には支障ないですからね。

 

福岡で月10万くらいの生活費で暮らしてます

社会に出てからはずっと東京住まいでしたが、固定費が高すぎるので思い切って福岡移住しました。

福岡なら東京の半分の家賃で住めますからね。

 

東京ほど人も多くないですし、のんびり屋さんが生きるのに適した土地だと実感してます。派遣の求人もたくさんあるので仕事にも困らないです。食べ物もおいしいし、自然も豊かだし、広くて快適な家に住めます。

 

控えめに言って最高です。

福岡移住については【一人暮らし向け】福岡移住なら家賃3万で快適に住める【条件あり】をどうぞ。

 

体重も7キロダウン

会社員のときと比べて、体重も7キロぐらい落ちました。

同僚との飲み会とか、人付き合いが無くなったのが最大の要因だと思います。

派遣だと飲みに誘われる機会がほとんどないですからね。

 

金銭的にも余裕がない人が多いので、誘ってくる人も少ないですし、余計なお金は使いたくないと考える人が派遣には多い気がします。

 

スリムな体型をキープできるので、大学生に間違えられる機会も増えましたね。

30歳超えても「学生さん?」と言われることすらあります…。

»30代なのに大学生扱い?外見が若く見られる理由について考察してみた

 

派遣に切り替えて健康面、心身ともに健全になりました。


まずは週4以内ではたらける仕事を探してみよう

職種にもよりますが、派遣だったら週4以下で簡単に求人が見つかります。

事務系だとテレワーク可だったり、1日5時間の短時間だったり、柔軟な働き方が選べるのが魅力ですね。

 

僕はコールセンター勤務ですが、気楽に生きるならコールセンターもおすすめです。

自由シフトなので働きたいときに働けるのが魅力ですね。

週3、1日4時間からOKの求人も多いです。

 

飲食とかアパレルより時給も高いですし、座ってできるオフィスワークなので肉体的な疲労がないので楽に感じます。

派遣で働くにはまずは派遣登録が必要でして、おすすめの派遣会社については【厳選】登録すべきおすすめ派遣会社5選【大手と中小含む】でまとめてます。

 

 

まとめ:自分らしく生きよう

 

忙しい生活から抜け出すには、考え方と行動を変えれば意外とあっさり実現できます。

 

残業続きのハードワークで毎日を消耗しつつ、ぼんやりと生きるより、自分らしくのんびり生きるほうが個人的には幸せだと感じます。

人生は一度きりですからね。

自分の心が喜ぶほうに動いたほうが後悔のない人生を歩めると思います。

 

忙しい生活が苦手でもう無理って感じるなら、そこから抜け出すことも視野に入れてみてくださいね。

 

最初の一歩を踏み出せば意外となんとかなるって気づけますので。

正社員から派遣に転向するのは、地に足がついた一歩だと思います。