Findomation blog

好きなことを好きなように書いて生きていく

【実体験】出会い求めてバーに通って常連の女性と連絡先交換、デートにこぎつけた話

スポンサーリンク

25歳ごろに経験した恋愛の実体験を語ります。すべて実話です。

 

杉並区の阿佐ヶ谷のアパートに引越したばかりの2011年にさかのぼります。

 

彼女もいなかったこともあって、とにかく出会いを求めてました。

若くて血気盛んだったぼくは、女性との出会いの場をひたすら探ってたんです。

 

足立区から引っ越してきたばかりで土地勘もなかったので、阿佐ヶ谷の情報を得たいという目的もあって、ぼくはバーに通うことにしてみました。なんとなくバーってところは情報交換の場のイメージがあったんです。

 

女性と出会えて、住んでる地域のおトク情報(おいしいごはん屋さんとか)までゲットできたら一石二鳥ですよね。腹黒いぼくは、そんなやましい魂胆を引っさげて、足繁くバーに通い詰めることにしたんです。

 

目次

 

 

人生初のバーデビュー

f:id:Qlioplus3374:20190306105054j:plain

 

当時は正社員としてはたらいてたので残業がない日に通ってました。

品川区でパソコンインストラクターとしてはたらいてたんです

毎週火曜は定時であがれる日だったので、毎週火曜に訪れてました。

「火曜のおとこ」なんて呼ばれてました笑

 

ぼくが行きつけにしてたバーは阿佐ヶ谷駅北口から徒歩2分くらいの雑居ビルの2階にあります(いまもあります)。

 

60代くらいの女性マスターが切り盛りしてるお店で、ほかに若いバイトらしき女の子がいました。

オレンジ色に照らされた間接照明がすごくシックで、ジャズが流れる雰囲気のいい小洒落たバーでした。

 

マスターの手料理が絶品だったので、料理目当てでくるお客さんも結構いましたね。

 

はじめてのバーデビューにふさわしいお店でした。

最初ドアを開けるときは心臓が飛び出そうなくらい緊張したんですけど、マスターのやさしい気遣いのおかげですぐに慣れました。

 

32歳女性Mとの出会い 

通い始めて1ヶ月くらい経ちました。

当初の目論見どおり、バーに集うお客さんとの交流しかり、阿佐ヶ谷のおいしいごはん屋さんの情報もどんどん入ってくるようになりました。

 

そしてその常連客のなかには、ぼく好みの女性がいたんです。

外見から入るタイプなので、外見がぼく好みってことです笑

ぼくとおなじ毎週火曜に来てたこともあり、自然と話すようになってました。

 

某大手の食品メーカーでマーケティング担当をやってるとのこと。

当時32歳。黒髪ロングをなびかせた吉高由里子似の美女でした。

ここではMさん(仮名)とします。

 

Mさんはぼくが敬遠しがちな喫煙者だったんですけど、なぜか彼女がとなりで喫煙しててもぜんぜん気にならなかったんです。

バーカウンターでタバコをくゆらせる姿がすごくクールでキマってたんですよね。

 

昔からクールでかっこよくて芯の強い女性に惹かれます。

こなれた喫煙姿から、勝手に理想の人物像をあてはめてたんでしょうね。

外見から入ると、内面もじぶんの都合のいいように当てはめてしまうものです。

 

話してみると、クールな見た目からは想像もできないくらい不思議ちゃんでしたけどね^^;

 

いつも家の玄関のまえにカラスがいるらしく、「カラスって存在いらないよね」と独り言のようにこぼしてました。

内面も吉高由里子なみに不思議ちゃんでしたね笑

 

連絡先の交換

毎週火曜にバーカウンターで顔を合わせるようになったので、そろそろかな?

とタイミングを見計らって連絡先を聞いてみることに…。

ほろ酔い気分でいい感じにテンションのあがってるときを狙いました。

 

「あ、よかったら連絡先交換しませんか?」

 

ありきたりですけど、テンション上がってるときは正直セリフなんてなんでもOKです。アプローチすることが大事なんですよね。

 

こうしてぼくは気になってたMさんの連絡先をゲットすることができました。

めちゃくちゃ緊張しましたけど、酔った勢いにまかせてしまえば案外聞き出せます。

 

バーは女性と出会えるだけじゃなく、お酒のちからを借りれるのも利点です。

しらふだと言い出しづらいことも言えちゃうので事を運びやすいです。

ドーピング的な要素がある気がします。

 

デートにこぎつける

f:id:Qlioplus3374:20190306110412j:plain

その日から毎日のようにメールをやりとりする日々が続きます。

そしてついに初デートにこぎつけました。

お互い喫茶店好きだと判明して、喫茶店トークで盛り上がってたんです。

 

 

M「阿佐ヶ谷って喫茶店がいっぱいあるんだよ」

たかぎー「へぇ、そうなんだ。Mさんはよく行くの?」

M「うん、行くよ。喫茶店の雰囲気好きなんだよね」

たかぎー「わかる。なんか落ち着くよね。どこがおすすめ?」

M「お花屋さんがやってるカフェによく行くかな」

たかぎー「へぇ、行ってみたいな!今度連れてってほしい。さっそくだけど来週の日曜とかどう?笑」

M「来週かぁ、大丈夫だよー。」

 

 

 

トントン拍子で初デートにこぎつけました。

共通の趣味があるとグッと距離がちぢまるもんですね。

 

 

バーで好みの女性と出会う目的を果たしたぼくは完全に有頂天でした。

ただ血気盛んだったぼくは、その下心ゆえにとんだ悲劇を生みます…。

 

これより先はセンシティブな内容を含むため、メルマガ読者だけの限定公開とさせていただきます。

ブログでは話しづらい内容もバンバン配信していくので楽しめると思います。

もしよかったら登録してみませんか?

恋愛相談も受け付けてますのでお気軽にどうぞ^^

メルマガを登録する