Cosper

コスパよく幸せに生きていく

地元福岡を離れて大阪移住を決めた理由【刺激が足りなかった】

 

 

20216月に12年半住んだ東京を離れて福岡に移り住みました。

もともと大学が福岡市内だったのでUターン移住とも言えますが、そんな地元福岡を18ヶ月で離れて大阪移住することを決めました。

 

僕自身もずっと福岡にとどまるつもりでいたのに、まさかこんな展開になるとは思ってもいませんでした。

 

人生はわからないものです。

心変わりすることもあるんだなと感じてます。

 

一つはっきり言えることは、福岡の住みやすさはずば抜けてます。

のんびりまったり暮らすには日本トップレベルの住み心地だと思います。

ただ36歳の僕にはどこか物足りなく感じて、もっと刺激が欲しいという思いが日増しに強くなってきました。

 

 

✔︎目次

・2年経たずに福岡を離れようと思った決め手

・なぜ大阪移住なのか?

 

 

今回は完全な自分語りの記事ですが、僕のことに少しでも興味をもってくれた人はぜひ最後まで目を通していただけると嬉しいです。

 

 

2年経たずに福岡を離れようと思った決め手

 

福岡は住みやすいけど刺激がない。

 

正直言ってそれが一番大きいですね。

 

東京で10年以上も暮らしてた僕には、福岡での暮らしは住みやすいけど物足りなさが常につきまとってました。

それだけ東京での生活は刺激に満ち溢れていたんだなと、東京を離れてみて改めて気付かされました。

 

程よく都会で、程よく自然もあって食べ物もおいしい。

 

一見すると福岡は何不自由なくて付け入る隙のないユートピアのようにも映ります。

引っ越して来た当初は僕もそう思ってました。

 

憧れの大濠公園のそばに住んで、朝から大濠公園を散歩できる生活ができるようになって最高じゃないかと。

東京みたいなゴミゴミした人混みもないし、のんびり過ごせて食べものもおいしくてかわいい女性が多い。

おまけに家賃も安い。QOL爆上がりじゃないかと。

 

でも最初の半年が経つ頃には、少しずつ虚無感を感じるようになってきたんですよね。

 

休日になると日増しに強くなっていきました。

 

「福岡は観光するところがない。」

 

福岡に住んでる人も口を揃えて言ってますが、これは否定できない事実ですね。

 

ららぽーとができたり、博多と天神に行けばひととおりの物が揃うので買い物するには困らないですが、

買い物以外の観光となると本当に行くところがないです。

 

福岡移住のデメリットをまとめてみた【東京からUターンした僕の本音】でも書いてますが、食べるくらいしかエンタメがないんです。

(僕が楽しみ方を知らなさすぎるだけかもしれませんが)

 

インドア派ならそれなりに福岡生活を楽しめると思いますが、僕はわりとアウトドア派でして、街をブラブラとあてもなく散歩するのが好きなんですが、街歩きしてても発見が少ないというか見どころが少ないです。

 

東京だったら、たとえば杉並区だけでも阿佐ヶ谷、高円寺、荻窪西荻窪と、1つの街に独自の個性があって、おびただしいくらいのお店が乱立しててカオスな町並みを楽しめます。

真っ昼間から高架下の飲み屋でアルコールを引っかけてる生態不明な人種も多くて、人間観察するだけでも楽しいんですよね。

 

歩いてるだけで楽しい。

東京は高すぎる家賃を除けば、意外とお金がかからずに楽しめる街なんですよね。

 

ディープな街歩きが大好きな僕には、福岡はどこか深みが足りないというか、風情がなくて無機質に感じます。

 

濃厚ディープな中央線文化にどっぷり染まってたのでなおさらそう感じるんでしょうね。

 

福岡では確実にディープにあたる西新ですら、こざっぱりとした街並みにしか映らず、どこか物足りなく感じてしまいます。

人口規模に比例するので仕方ないですが、もっとカオスな街並みを期待しちゃうんですよね。

 

趣味でも作ろうとしたけど

 

街歩きが楽しめなくても、他に趣味でも作れば福岡生活をもっと楽しめるんじゃないか。

 

そう考えて新しい趣味を作ろうとした時期もありました。

 

ギター、釣り、ゲーム、ジム通い…etc

 

実際はどれも手を出す前にあきらめたんですが、なんかどれもシックリ来なかったんですよね。

 

無理やり趣味を作って福岡に馴染もうとしてる自分にどこか違和感を覚えました。

 

自分が本当に好きなことは、おいしいものを食べる、観光する、古着を漁ること。

これだけで十分だし、それ以上増やす必要もないんじゃないかと。

 

福岡では食べることに関しては十分すぎるくらい満たされるけど、それ以外はあまり望めないのが正直な実感です。

 

僕の価値観をほどよく満たしてくれる街はやっぱり東京しかないのかなと、福岡移住して1年が経つ頃には予感から確信に変わりつつありました。

 

東京からUターンした僕は、表向きは福岡の人を演じてましたが、感覚はすっかり東京の人になってて完全によそ者でした。

12年半の空白をあけて戻ってくると、僕はもうすっかり東京のほうが居心地がよくなってることに気づきました。

 

福岡は確かに住みやすいけど今の僕には合わない。

 

これが僕の嘘偽りのない本音です。

 

なぜ大阪移住なのか

 

でも僕が移住するのは東京じゃなくて大阪。

 

「え?東京じゃないの?なんで大阪なの?」

 

当然のように疑問に思いますよね。

はっきり言って僕自身もよくわかりません笑

とにかく福岡よりもっと大きな都会に出たい。そんな気持ちが強くなってきて、ふと大阪もアリじゃね?って思うようになりました。

 

一回住んでみてそれで合わなかったら東京に戻ればいい。

そんな浅はかすぎる気持ちでした笑

 

東京に次ぐ大都市ですし、福岡よりはるかに仕事も多いので生活するのに困ることはなさそうだなと。

東京の半分の家賃で住めるコスパのよさも魅力に移りました。

 

 

知り合いもいない完全アウェイだし、関西の独特の空気感に馴染めるのか不安もあります。

 

それでも僕は東京に住んでるときから、一度は大阪暮らしを経験してみたいって気持ちがあったのも事実です。

 

東京から移住する時も大阪が第一候補だった

 

東京での暮らしに疲れはじめて地方移住を思い立ったのは32歳の時でした。

 

当時僕は六本木のミッドタウンで働いてたんですが、そのときに出会った大阪出身の女性から話を聞くうちに少しずつ大阪に住んでみたいなと思うように。

 

大阪は東京の半分の家賃で住めて、東京ほどじゃないにせよ、ひととおり何でもある。ご飯もそこそこ美味しい。

京都とか神戸にも電車でスッと行けるので観光にも困らない。

 

話を聞くうちに大阪に心が惹かれ始めていく自分がいました。

 

浪費してるわけでもないのにお金が消えてく東京に比べると、消耗せずにゆったり生活できるんじゃないか。

そう思ってスーモで大阪の物件探しをしてみたら、本当に東京の半分の家賃で物件がたくさんヒットします。

東京で例えたら東京駅に相当する梅田周辺ですら、5万以下の家賃で住める物件がゴロゴロ出てきて驚愕しました。

 

「これはもう大阪に住むしかないな」と。

ただどうしても東京暮らしに慣れてると、関西の独特のノリが合わないんじゃないか?と気後れしちゃって物件申し込みまではなかなか食指が動きませんでした。

 

慣れ親しんだ福岡を選んだのは、本当は大阪に移住したかったけど、知らない土地に移住する抵抗感を感じたゆえの妥協的な選択だったことも少なからず背景にあります。

 

知らない街よりも知ってる街の方が安心できますからね。

 

まさか一旦福岡を経由してからの大阪移住となるとは…。

本当に人生はどう転ぶかわかりませんね。

 

僕にとって福岡での1年8ヶ月は、本来の移住先だった大阪に行くまでのトランジットだったのかもしれません。

 

 

11年ぶりの大阪がまさかの移住先

 

前回大阪に行ったのは2011年。

東日本大震災が起きるちょうど1ヶ月前でした。

 

仕事を終えて、品川から夜行バスで梅田まで行ったのを記憶してます。

大学時代の友達が西九条に住んでたので、休日を利用して遊びに行ったのが最後です。

 

すごく下町感のある町並みでしたが、どこか大阪らしい気取らない雰囲気が印象に残ってます。

思い返せば当時から一度は大阪に住んでみたいと思ってましたし、大阪に馴染んでる友人がどこか羨ましく映ってました。

 

それから11年の歳月が経って、久しぶりに訪れる大阪がまさかの移住先になろうとは…。

 

今回は旅行じゃなくて生活をするので、いいところばかりが目につくわけがないのは織り込み済みです。

福岡のときと同じように、住んで半年くらい経つと良いところも嫌なところも出てくると思いますし、やっぱり大阪は合わなかったと感じる可能性ももちろんあります。

 

それでも僕はやりたいことは一度はやっておきたいので、大阪に移住することに決めました。

 

結局元の鞘(東京)に戻るかもしれませんし、意外と大阪に馴染んで一生を過ごす終の住処になるかもしれません。

住んでみないことには何も分かりません。

 

やってみないことには分からないからこそ、人生は楽しい。

僕はそんな考えで日々を生きてる人間なので、やりたいことは若いうちにやっておこうと思います。

歳をとってから、あのとき移住しておけばよかったと後悔するのは嫌なので…

 

引き続き自分らしく自由に生きていこうと思います。

こんな心変わりしやすいフニャフニャの僕ですが、大阪に移住してからも変わらずお付き合いいただければうれしいです!