Cosper

コスパよく幸せに生きていく

【経験談】コールセンター受信の難易度をランキングにしてみた!

コールセンターで働こうと思うけど、やるなら発信より受信がいい。

受信っていっても色んなジャンルがありそうだけど、どれがいちばん楽なんだろう?

経験者の人アドバイスください。

 

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

・受信コールセンターの難易度別ランキング

・受信コールセンターの求人の探し方

 

 

コールセンターの受信業務は時給が高くて人気ですが、自分に合わないセンターで働いてしまうとかなり精神的に参ってしまいます。

職場の人間関係は実際に就業してみないとわからないですが、自分に合う業種かどうかは事前に見極めることができます。

そこで今回は、コールセンター歴4年の僕が、楽だと感じる受信の業種をランキング形式にしてみました。

 

インバウンドの業務は一通り経験してきたので、すべて実体験にもとづいてます。

 

 

受信コールセンターの難易度別ランキング

 

カンタンな順に並べました。

 

①テレフォンオペレータ:難易度★★☆☆☆

②カスタマーサポート:難易度★★★☆☆

③テクニカルサポート:難易度★★★★☆

 

 

①テレフォンオペレーター

お客さんからの問い合わせに対応する業務です。

 

仕事内容の具体例

・通販の注文受付

・チケットや航空券などの予約受付

・代表電話の取次…etc

 

 

問い合わせ内容が限定されてるので、慣れてしまえば単純作業のように頭を使わなくてもスムーズにこなせます。

対応履歴は専用のシステムに入力しますが、そもそも入力項目が少ないですし、プルダウンで数量を選んだりするだけだったりするので、パソコン操作が不慣れでもできます。

 

オペレーターの年齢層も幅広く、20代~60代までいるセンターがほとんど。

同じ作業を繰り返すのが苦手な人にとっては苦痛かもしれませんが、そうじゃないならわりと楽です。

 

スキルアップはあまり望めませんが、コールセンターで働くのが初めてでしたら腕試しとして最適です。

クレームが少ないので他の業種に比べてストレスを感じにくいのも特徴です。

まずテレオペで腕試しして、それから次のステップに進むと無理なくスキルアップできると思います。

 

 

②カスタマーサポート

お客さんからの問い合わせに対応するという点ではテレオペと同じです。

こちらはより対応範囲が広がるので、難易度としては少し高くなります。

 

 

仕事内容の具体例

・電力、ガス会社の契約内容に関する問い合わせ

・年金、保険に関する一般的な問い合わせ

・携帯キャリアを利用中の人からの問い合わせ対応…etc

 

 

受電するまで問い合わせ内容が一切わからないので、臨機応変な対応が求められます。

 

入電者は何を求めて電話してきてるのか?要望を汲み取るのが最初は苦労しますが、こちらもやはり慣れでして、数をこなしていくうちに慣れてきます。

なにか困ってることがあるから電話してきてるわけでして、数をこなすうちに応対パターンが掴めるようになります。

 

ただ、料金に関するお問い合わせ内容を含むこともあって、テレオペよりもクレームに当たる確率は上がります。

クレーム案件は管理者が巻き取ってくれるセンターもありますが、最初の窓口はオペレーター。

 

開口一番から温度感高めに八つ当たりしてくる人もまれにいます。

 

ストレスを右から左に受け流せるスルースキルがあるようでしたら問題ないですが、自分事に捉えすぎて共感しすぎてしまう人はクレーム案件を引くと辛く感じるかもしれません。

 

お金が絡んだ窓口はクレームを引く確率が上がるので、抵抗があるようでしたら料金系の窓口以外を選ぶといいかもです。

 

③テクニカルサポート

既存のお客さんからの技術的な問い合わせに応じる窓口です。

電話でのみ対応するところもあれば、電話とチャットを併用してサポートするセンターもあります。

 

 

仕事内容の具体例

PCスマホのトラブルに対する問い合わせ

・通信会社、ケーブルテレビの技術窓口…etc

 

 

「操作方法がわからない」「ネットがつながらない」などの困りごとに対して、解決に導くのが仕事です。

 

専門知識が問われるので、その分野に精通してる人のほうが始めやすいです。

覚える量が他の受信業務に比べると多いので、最初は大変に感じるかもしれません。

研修期間も1ヶ月程度と長くて、1人前のオペレーターとして活躍できるまでは現場デビューしてから最低3ヶ月はかかります。

 

難易度はインバウンド(受信業務)の中でいちばん高いんじゃないかと思います。

 

不具合が起きてる状況をすばやく把握して、解決方法をわかりやすく説明するには、お客さんとの円滑なコミュニケーションはもちろん、落ち着いて状況を聞き出すヒアリング力が求められます。

 

入電時の状況から、どのように対応したかなど、すべて対応履歴を残さないといけないので、一定のタイピング速度がないと苦労を強いられるのも事実。

 

1件あたりの応対時間(通話時間、後処理時間)はすべて管理者が監視してまして、目標数値を下回ると改善するように指導されます。

 

業務知識に関しては研修でしっかり学べるので知識の有無は気にしなくていいですが、パソコン操作がおぼつかないようだと入社後がしんどいので、あまりオススメできません。

 

そういった背景もあってか、働いてるオペレーターの年齢層も若くて、2030代が大半ですね。

パソコン操作が得意でしたら、そこまで他の受信業務と難易度は変わらないと感じます。

 

高時給でやりがいのあるお仕事ですし、人にわかりやすく伝えるスキルが上達するので他業種に転職するときにも活かせるお仕事です。

キャリアアップを目指すならチャレンジしてみる価値があると思います。

 

インバウンド(受信)求人の探し方

 

探し方としては2パターンあります。

 

①派遣求人サイトから探す

②派遣会社の求人から探す

 

すでに登録してる派遣会社があるんでしたら、その派遣会社の求人サイトから探すのが手っ取り早いです。

 

ただ、その派遣会社がコールセンター案件をあまり保有してない派遣会社だと、そもそも希望する求人が見つからない可能性もあります。

 

派遣会社によって求人分野の得意不得意がありますからね。

 

コールセンター求人に強い派遣会社は【厳選】登録すべきおすすめ派遣会社5選【大手と中小含む】でまとめてますので、あわせて参考にしてみてください。

 

 

 

まとめ:自分に合う受信業務を選ぼう

 

誰でもできる簡単な業務のほうがいいのか、多少難しくてもやりがいを重視するのか。

 

コツコツと同じことを繰り返すのが苦にならないならテレフォンオペレーターは合うでしょうし、そうじゃないなら苦痛になるかもしれません。

 

お客さんの困りごとに寄り添ったり、トラブルを解決することにやりがいを感じるタイプでしたら、カスタマーサポートやテクニカルサポートは適任かもしれません。

 

いずれにせよ、受信業務はお客さんに寄り添ったていねいな対応が求められるので、サポートすることに喜びを見いだせる人でしたら、どの受信業務を選んでも少なからずやりがいは感じられると思います。

 

 

あとは自分の性格と照らし合わせながら、希望条件と合わせて選んでみるといいんじゃないでしょうか。

本記事が少しでも求人選びの参考になれば幸いです。