Cosper

コスパよく幸せに生きていく

【大宮】来来軒は日高屋よりおいしい?!違うメニューだけを頼んでみた【結論、美味】

スポンサーリンク

大宮には日高屋系列の来来軒というお店があるらしい。

ふだんから日高屋はよく使ってるし、日高屋ファンとしては気になるな。

メニューはちがうのかな?大宮には遠くてなかなか行けないけど、どんな感じなのか知りたいな。

 

 

こんな疑問に答えます。

大宮を散策してたらやたらと日高屋が多くてビックリしました。

大宮を歩けば日高屋に当たると言っても過言じゃないレベルです笑 

それもそのはず。大宮駅周辺だけで系列店合わせると16店舗あります(2019年現在)

 

日高屋を運営するハイデイ日高の本社が大宮にありますし、創業の地でもあります。

都内には赤羽にしかない来来軒も、大宮にはなんと3店舗もあります。さすが聖地です。

元祖日高屋にあたる来来軒を利用してみたので感想をお届けします。

日高屋にはないメニューがたくさんあって最高でした。

 

目次

1.来来軒は日高屋の前身だった

 

日高屋はもともと来来軒という中華料理屋からスタートした歴史があります。

当時はまだ5坪しかない小さなラーメン屋さんだったとか。

現会長が腕をふるってた時期ですよね。

関東のあちこちにチェーン展開する今では考えられないですね。

東証1部上場まで果たしてますからね。成長スピードおそるべし…。

 

来来軒大宮銀座店が事実上の1号店にあたるみたいです。

いまも健在で、なんと24時間営業です。

今回訪れたのは大宮ウエストサイド店なので、1号店じゃないんですけどね笑

 

少なくとも来来軒を知らずして日高屋は語れない。

ぼくはそう思ったので、大宮に来たついでに立ち寄ることにしました。

ちょい飲み利用といえば日高屋ですけど、来来軒にもおなじ看板が掲げられてました。

 

日高屋を語るうえで読んでおきたい1冊も紹介しときます。

熱烈 中華食堂日高屋―ラーメンが教えてくれた人生

 

2.来来軒にしかないメニューを注文

 

 

店内はまんま日高屋ですね。どこがどう違うのか皆目見当もつかないです。

雰囲気とかはまったく一緒ですけど、メニューが一部ちがいます。

 

今回頼んだメニューがこちら。

  • 腸詰め 300円 
  • ニラ玉子焼き 390円
  • 塩焼きそば 550円
  • レモンサワー 280円

 

どれも日高屋にはないメニューですよね。

基本的には日高屋とおなじメニューですけど、来来軒にしかないオリジナルメニューもあります。

せっかくなので日高屋にないメニューだけを頼みました。ドリンクのレモンサワーだけは例外です笑

 

3.来来軒オリジナルうまし

来来軒のオリジナルメニューはどれも絶品でした。

日高屋より手作り感があって食べやすいです。素朴な味がめっちゃいいです!

 

腸詰め

 

もろ台湾の味です。ちょい甘めで八角のスパイスが効いてます。

醤油もたぶん中国醤油だと思います。ビックリするくらい本格的な台湾ソーセージです。

台湾で食べたのとぜんぜん変わらない味でした。

現地の味をまさか日高屋系列店で味わえるとは…。

衝撃のウマさです。超オススメです。来来軒に行ったらぜったい頼むべし。

 

ニラ玉子焼き

出来たてアツアツなのでおいしくないわけないですよね。

塩気も強くなく、家庭の味に仕上がってて絶品でした。

刻まれたニラも多すぎず少なすぎずちょうどいいです。

 

玉子のふわとろ食感がたまりません。クセになる一品です。これもリピ確定。

 

塩焼きそば

これも間違いないヤツでした。

ツルツルの平打麺に、強火でサッと炒められた野菜がしっかり絡んできます。

添えられた辛味噌を混ぜると、パンチが出ていいアクセントになります。

おかずにもおつまみとしてもイケるメニューですね。

 

4.まとめ:来来軒>日高屋

来来軒と日高屋がもし近所にあったら確実に来来軒に行きますね。

来来軒オリジナルメニューがおいしすぎます。

日高屋でも出してくれるといいのになぁ…

個人的に来来軒は日高屋系列というより、日高屋プレミアムという感じでした。

 

日高屋っぽいけど、日高屋じゃない。 ワンランク上の本物志向の味が楽しめます。

個人経営だった頃の名残が残ってるんですかね。手作り感が最高でした。

大宮に用事のあるときはぜひ来来軒に立ち寄ってみて下さい。オススメです。

 

関連記事

>>【衝撃】日高屋のかた焼きそばは店舗限定だった!?カタヤキソバが正式名らしい