Cosper

コスパよく幸せに生きていく

コールセンターで働くならフルタイムは危険【続けるなら短時間勤務】

コールセンターでフルタイムで募集してるからやってみようと思うけどどうなの?

時給高くて惹かれるけど、大丈夫かな?

メンタルやられて休職とかで働けなくなったら元も子もないし…。

意見を聞かせてください。

 

 

こういった疑問に答えます。

 

 

✓本記事で学べること

・コールセンターで働くならフルタイムは危険

・コールセンターで長く働くための職場の選び方

 

 

コールセンターのオペレータ歴は約3年。

受信も発信も両方やってまして、現在はテクサポ系の受信やってます。

週4で働いてますが、そのうち2日は1日5hの短時間勤務です。

 

 

 

 

上記のTweetのとおりです。

 

フルタイムで稼げる!と意気込んでたのに、突然心を病んで休職→退職していく人をたくさん見てきました。

 

僕は毎日のように罵倒を浴びせられて消耗しつつも、なんとか心を潰されることなく、1年以上出勤し続けてきました。

 

親知らずが痛すぎて1回だけ当日欠勤しましたが、あとはすべて遅刻もなく出勤してます。

 

こういった背景から、僕の経験則からコールセンターで長く続けるコツをお伝えしていきます。

 

 

コールセンターで働くならフルタイムは危険

 

繰り返しですが、フルタイムはできれば避けたほうがいいかなと。

心を削りかねないので、おすすめしません。

 

フルタイム勤務で病んでいく人をたくさん見てきた

 

現役オペレータにこっそり本音を聞いてみました。

 

フルタイム勤務:Aさんの例

僕とおなじ時期に入った同期がいます。ここではAさん(仮名)とします。

 

Aさんはフルタイム勤務での採用だったんですが、入社半年くらい経った頃から当日欠勤が目立つようになりました。

職場では元気に明るく振る舞ってはいたものの、内心かなりメンタルを削られてたのかもしれません。

 

最初はすごく明るく元気だったのに、最近はどこか顔がひきつってるし、無理をした笑顔なんですよね。

たまたま休憩室で一緒になる機会があったので、お互いに情報交換しました。

 

「週5はきつい。でもフルタイムじゃないと生活できない」

 

ため息をつきながら本音を打ち明けてくれました。

Aさんは掛け持ちです。

稼がないといけない事情があるとはいえ、かなりシンドそうでした。

なんとか持ちこたえてるようですが、正直いつ辞めてもおかしくない様子です。

 

当日欠勤が多いので収入面の不安もあるんでしょうね。

終業5分前に鳴った電話を、我先にとばかりに受電する光景が増えました。

残業代でカバーしようとする意図がチラつきます。

会社側からすると、なるべく残業代は払いたくないのが本音ですからね。

信用を失いかねないので本来は好ましくはないんですが、Aさんには響かないかもです。

悪い結果に繋がらなければいいんですが…。

 

 

フルタイム勤務:Bさんの例

僕より少し後に入ってきた派遣の子がいます。ここではBさん(仮名)とします。

Bさんもフルタイム勤務でした。

飲食店のホールスタッフからコールセンターに転職したそうです。

 

Bさんも最初の3ヶ月くらいは1日も休まず出勤してました。

ところが半年経ったくらいから当日欠勤が目立つようになりました。

 

オペレーター席が隣になったときに情報交換しました。

 

僕「最近どう?大丈夫?」

Bさん「この仕事マジで病むよね。私とか当日欠勤めっちゃしてるもん」

僕「そうなんだ。確かにキツイよね。変な客とか多いし…」

Bさん「ホントそれ。週5はキツいけど生活できないから仕方ないよね。正直少し病んでるけど」

 

 

Aさんと同じく、弱音を吐きつつも、欠勤しながらなんとか持ちこたえてはいました。

とはいえ、2人とも心身が疲れ切ってるのは明らかでした。

 

 

上記は一例に過ぎないです。

AさんとBさんはまだ欠勤レベルで済んでますが、実際の現場はもっと悲惨です。

 

研修を終えて着台後、1ヶ月もしないうちに突然姿を消したり、3ヶ月経ったくらいで欠勤が多くなり、そのままフェードアウトしてたり、いろいろです。

 

いずれもフルタイム勤務者です。

 

✓コールセンター現場のリアルな意見

 

 

フルタイムじゃないと生活できないは思い込み

こう感じる人はAさんBさんだけじゃないですよね。

 

一般的な労働観をお持ちでしたら、週5で働くのが当たり前という感覚は正常です。

 

とはいえ、コールセンターはちょっと特殊な業界です。

そもそも他の業種よりも高時給ですので、週4でも手取り15万円以上は稼げます。

 

例:時給1,200円×8時間×16日=153,600円

 

東京なら時給1,500円とかもザラです。週4で8時間入れば20万弱稼げます。

一人で暮らすには申し分ないですよね。

 

コールセンターはWワークも多い

勤務体系も日中勤務だけじゃなく、夜間シフト、深夜シフトとか、いろんなシフトパターンがあります。

Wワークでかけもちの人も多いです。

日曜だけ働く人もいますし、週2~3日だけパート勤務する人もたくさんいます。

 

コールセンター業界は必ずしもフルタイム勤務=常識ではないんですよね。

パートタイムで働く主婦とか大学生もたくさん働いてます。

 

余談:週4でも都内で暮らせる

僕は東京23区で一人暮らししてます。

8年くらい週3~4日勤務で働いてますが、生活には支障ないです。

ブログの副収入があるとはいえ、それが無くても、ちょっと節約すれば何不自由なく暮らせます。

単身なら週4でも余裕ですね。

 

最初は『週5じゃないと無理!』と思ってましたが、完全に思い込みでした。

思い込みを手放すだけで、人生の難易度はガクッと下がります。

 

正社員を狙うなら週5じゃないと厳しいですが、派遣かバイトなら、週3~4日の募集も多いです。

世間体が気になるかもですが、正社員が合わない人も世の中にはたくさんいます。

性格に合わない働き方をしてたら心身を壊しますよ。

人それぞれ自分に合うリズムがありますからね。

参考≫ 忙しい生活が苦手な人へ【疲れたら無理せずのんびり生きればOK】

 

正社員がすべてじゃない

僕は20代のときに働きすぎで倒れてしまい、週5がきつくなってしまったので、正社員の再就職をあきらめました。

 

なんとなく派遣で週4勤務をはじめましたが、今ではこの働き方がいちばん性に合ってると感じます。

詳しくは【実体験】週518時間がきついなら働き方を変えよう【正社員を手放してみた】でまとめてます。

週5勤務に違和感を感じてる人は必読です。 

 

副業も検討しよう

週3~4で派遣しつつ、副業で稼いじゃえば、週5のフルタイムより稼げます。

僕ははじめての副業にはブログを推奨してますが、最初は転売とかでもいいと思います。

自分に合う副業をやれば、好きなことでお金も稼げて最高です。

自力で稼ぐのは大変ですが、とてもやりがいありますし、人生を前向きに捉えられるようになります。

参考≫【完全初心者向け】副業ブログで稼ぐノウハウまとめ【月5桁稼ぎ続けてます】

 

フルタイムで休んだら元も子もない

何度もいいますが、週5で働いても当日欠勤を繰り返すようだと、安定的に稼げないです。

会社からも信用を失いかねないです。

ちゃんと出勤してくれるかわからない人より、確実に出勤してくれる人を会社は望みます。

当然ですよね。

 

センターの稼働率にも影響するので、欠勤が多いとセンターの運営にも支障が出てきますからね。

 

 

どっちが会社から信用されると思いますか?

 

・週5勤務:たまに当日欠勤。

・週4勤務:当日欠勤なし

 

 

言うまでもなく後者ですよね。

休みが1日多くなると、そのぶん心のゆとりが増えます。

クレーム対応でメンタルが疲弊したとしても、1日しっかり休めば意外と回復します。

『今日働いたら明日は休み』って状態が1日増えますので。心持ちが全然ちがいます。

 

それだったら週4でリフレッシュしつつ、休まず出勤するほうが、会社から信用も得られて、収入もメンタルも安定するのでいいんじゃないかと。

 

僕が休まず出勤できてるのも週3or4勤務のおかげですしね。

週5だったら間違いなく身も心もズタボロでした。

 

コールセンターで長く働くための職場の選び方

 

 

シフトの自由が効く派遣先を選びましょう。

 

週3日〜、短時間から出勤できるコールセンターは探せばゴロゴロあります。

リクナビ派遣で検索すればカンタンに見つかります。

複数の派遣会社の求人を比較できるので、条件に合う求人が探しやすいんですよね。

詳しい求人検索のやり方については3年働いてわかった!楽なコールセンター求人の探し方【リクナビ派遣を使えばOK】をどうぞ。

 

※ここからはリクナビ派遣に登録が済んでるのを前提として解説していきます。

登録がまだでしたら、まずは上記のリンクからどうぞ。リクルートIDをお持ちであれば1分で無料登録できます。

 

求人検索の手順【5つのステップ】 

①まずは希望条件を入れましょう。

フリーワードは空欄でOKです。入れたら検索をクリックして下さい。

 

②赤枠内の『こだわりを選ぶ』をクリック。

 

③赤枠内の『週4日勤務』『週3勤務』にを入れて、検索するをクリック。

 

④気になる求人があれば、『詳細を見る』をクリック。

  

⑤今すぐエントリーする→必要情報を入力→エントリー完了です。

 

 

求人を掲載してる派遣会社の登録がまだでしたら、エントリー後に登録する流れになります。

登録といっても、今はコロナ禍なので、オンライン登録が基本です。

 

なので条件に見合う求人を見つけたらサクッとエントリーしちゃいましょう。

人気の求人はすぐ募集人数に達するので、早めに動かないと埋まっちゃいますので。

  

受信と発信はどっちがいいの?

感じ方はひとそれぞれですが、僕は完全に受信推しです。

 

営業要素がないのでストレスが少ないです。

クレームとか受けるとたまに凹みますが、クレームスキルが身につくと考えてますし、数をこなすうちに自然と慣れちゃいますので。

 

営業が嫌いなら、問答無用で受信を選びましょう。

 

   

  

まとめ:フルタイムを辞めたら人生に余裕が生まれた

 

フルタイムを避けるとけっこう続けやすいです。

 

クレーム対応で疲れてしまっても、『明日休みだしまぁいっか』と思えるので乗り切れます。

翌日に嫌な気分を持ち越さなくて済むんですよね。

 

もちろん向き不向きがあるので一概にはいえませんが、フルタイム勤務とは心持ちが全然違います。

 

週5に慣れすぎて感覚が麻痺してませんか?

 

何度も言いますが、フルタイムじゃなくても生活できますので。

お金にシビアになるので、無駄なお金を使わなくなって、かえって貯金できますよ。

僕はフルタイムの正社員のときより、週3,4日勤務の今のほうが貯金できてます。

 

 

たぶんストレスが減ったからでしょうね。

【断言します】無駄遣いが辞められないのはストレスが原因【実体験】でも書いてますが、フルタイムだと時間がなくなります。

時間がないと感じると、ストレス発散しようとするので無駄遣いが増えがち。

 

収入はあっても、それを超える出費をしちゃってたんですよね。

 

ストレスを溜め込みすぎず、長く働くにもフルタイムを避けるのがベストだと考えます。

 

働き方を選ぶのはあなたの自由であり権利です。

自分の性格に合う働き方を選んだほうが気楽に生きれますよ。

 

リクナビ派遣で求人を見てみる