Cosper

コスパよく幸せに生きていく

派遣で有給使ったら支払金額が予想より少なかったのはなぜ?6割で計算されてた!

 

派遣先を今月で辞めることになったので有給を申請してみました。

 

ホントに有給が使えるのか正直不安でした。

正社員ならまだしも派遣ですしね。

ためしに1日分申請してみようと、派遣元の派遣会社に有給管理票なる用紙をFAXしたんです。

 

(いま使ってる派遣会社は有給管理票に派遣先の担当者のサインもらってFAXしないと受け付けてくれないんです。しかも有給管理票はWEBサイトからダウンロードできず、郵送してもらわなくちゃいけないという…)

 

約1ヶ月後に申請した有給1日分が振込まれたんですけど、まさかの6割支給でした。

 

「え?1日分のお給料が丸々もらえるんじゃないの?」

 

ぜんぜん有給のしくみについて知らなかったんです。

派遣で有給使ったのはじめてだったし…。

どうやら違法ではないみたいです。派遣元が支払う最低ラインが6割なんですって。

もしかしたら知らない人も多いんじゃないかなと。備忘録も兼ねて記事に残します。

 

目次

  

派遣社員でも有給休暇はもらえる

 

結論から言うと、派遣社員でも有給は出ます。

正社員、パート、派遣など、雇用形態に関係なく有給は付与されます。

 

 

ぼくは個人事業主とかけもちで派遣をやってます。

18時から22時までの4時間勤務で、週5日はたらいてます。週20時間勤務です。

 

週5の8時間勤務のフルタイムではないですが、それでも有給はもらえます。

 

就業から半年間のあいだに、勤務日の8割以上出席してたら雇用形態、フルタイムにかかわらずもらえるんですね。

 

労働基準法第39条にもきちんと明記されてます。

 

労働基準法第39条1項】
使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えられなければならない。

 

 

週5日以上のフルタイム(もしくは週30時間以上)なら10日付与されます。

 

週1日から4日勤務の場合だと、付与される日数にばらつきがあります。

下記のとおりです。

 

f:id:Qlioplus3374:20190312084544p:plain

※出典元:厚生労働省HPより 

 

ぼくのような時短勤務だと何日分もらえるのかはいまいち謎です。

まちがいなく1日以上は付いてるはずとおもったので、とりあえず1日分消化してみました。

 

 

支払金額が予想より少ない

時給1,400円で4時間勤務なので、通常であれば日給5,600円です。

 

そこから雇用保険料が引かれるので手取りは5,468円です。

日払い対応可の派遣会社なので日払いでもらってます。

 

2019年2月に、申請した1日分の有給が3月11日に日払い分といっしょに振込まれてました。

 

 

9,014円。

 

 

なにかの間違いだと信じて疑いませんでした。

日払い分とあわせると10,200円入金されるはずなのに…。

 

日給分を差し引くと3,546円しか振り込まれてません。

有給で支給された金額は、通常日給の6割分しか振込まれてませんでした。

 

頭の中に「???」が浮かんだのは言うまでもないです。

 

予想より多いならまだしも、通常より4割も少なかったので。

無知すぎるぼくに落ち度があるのは認めますけど…。

 

ちゃんと事前に説明しといてよ!とは思います。

 

派遣の営業担当者からは有給についてなんにも説明なかったですし。

有給取らせたくない意図がみえみえですよね。

派遣元の義務なんだからせめてそこはちゃんとしてほしいですよね。

 

有給の計算方法は6割でもOK?

有給で支払われる金額については大きく分けると3つの計算方法があるそうです。

 

①平均賃金

②通常賃金

③健康保険法の標準報酬月額(ただし3を採用する場合、あらかじめ労使協定が必要)

のいずれかです。

 

派遣会社によってどれを採用してるかは異なるそうです。

 

「通常賃金」を採用してる派遣会社なら、普段もらってる日給分が満額もらえるのでいちばんお得ですよね。

 

残念なことに、ぼくが今使ってる派遣会社は「平均賃金」を採用してるっぽくて…。

 

平均賃金を採用した場合、1日の平均賃金が6割を下回らなかったら法的にはOKなんです。

むずかしいことはよくわからないですけど、こういうことらしい。

 

f:id:Qlioplus3374:20190312095643p:plain

※出典元:大阪労働局HPより 

 

どの支払い方法を選択してるのかは、就業規則に書いてるそうですけど、そんなもんだれが見るんだよ…社会保険労務士じゃあるまいし。

ためしに派遣会社の就業規則を確認したら、たしかにその旨の記載がありました。

 

3. 年次有給休暇の取得日に支払う賃金は、平均賃金とする。

 

反論しようがないですね…。

 

就業規則にも明記されてるなら6割支給でも文句は言えません。

せめて有給については就業規則を読んでください!とか一言いってくれてたらなぁ。

都合の悪いことを隠そうとしてるみたいで印象良くないです。

 

とはいえ、日払い対応してくれるのでめっちゃありがたい会社でもあるんですけどね。

 

大手の派遣会社は満額支給がほとんど

ちなみに大手の派遣会社であれば満額支給のところが大半です。

 

例えばテンプスタッフ は有給休暇の日当額は100%だそうです。

 

テンプは100%(時給×定時勤務時間)ですよ。
就業時、有給についてはそれで計算されていましたので
間違いないかと思います。

引用元:Yahoo知恵袋より

 

全額支給ということは通常賃金を採用してるってことですよね。

 

テンプスタッフは規模が規模だけに、福利厚生もちゃんとしてますね。

もろちんぼくも登録してますが、やっぱり派遣で働くならなるべく大手がいいですね。

>>テンプスタッフ

 

なんだかんだ大手は安心感あるしサポートも手厚いですし。

中小の派遣会社とはこういった福利厚生面で差が出ますね…。

 

ただテンプスタッフのような大手は月払いしかできないので、即金が必要な人には向かないです。

 

月払いでも大丈夫なら福利厚生も整った大手がベストです。

中小の派遣会社は日払いに対応してくれるところが多いので、即金が必要な人にとってはありがたい存在です。

 

大手と中小を両方検討するならリクナビ派遣がオススメです。

 

大手と中小の派遣会社が求人を出してるので、一度にたくさんの派遣会社を比較できます。

気になる派遣会社を見つけたら、有給支払いについても確認しておくといいですよ。

 

まとめ

派遣会社は有給の6割支給なんてザラにあるっぽいことがわかりました。

有給を満額支給してもらうには、通常賃金を採用してる派遣会社を利用するしかなさそうです。

マイページのどこかに就業規則があるはずなので(なかったらブラックすぎw)派遣ではたらくときは事前にチェックしとくべしです。

あとで泣き寝入りしないためにも…。

 

【関連記事】派遣社員で働くなら知っておきたい