Findomation blog

コスパよく幸せに生きていく

【松屋】豚ビビン丼と牛ビビン丼はどっちがおいしい?両方食べ比べた感想

スポンサーリンク

松屋でビビン丼対決やってますよね。

販売数が多かったほうが秋以降のレギュラーメニューになるとか言ってますけど、じっさいどうなんでしょうね?

”検討”って言ってるのでさじ加減ですよね…ナゾの期待感のあおり笑

ひとまず両方食べ比べてみました。豚と牛。どっちが勝つのか予想してみます。

 

目次

 

平成のロングセラー”豚ビビン丼”

まずはさきに食べた豚ビビン丼から。

家の近所の松屋が豚ビビン丼の店舗だったんですよ。

 

食べたあとのガチレポ

 

 

コメントに書いてるとおりです。去年も食べてたので、安定のおいしさでした。

コチュジャンが効いててほんのりピリッとするのが好きなんですよね。

混ぜることで口いっぱいに旨みが広がります。

 

平成のロングセラーになるだけあって、さすがの安定感です。

 

豚肉のボリュームがさびしい 

心なしか1年前のときよりも豚肉のボリュームが減った気がします。

ワンコイン以下(490円)で食べられるのはうれしいものの、どこか物足りなさがありました。

おいしいけど肉のボリュームが少ないのが残念でしたね。

甘辛ダレだけでご飯がイケるので、肉が少なくても問題ないとはいえ、食べ終わったあとの満足感はいまひとつでした。 

個人的には、牛ビビン丼とおなじ550円に設定して、そのぶん豚肉のボリュームを増やしてほしいと思いました。 

 

新作”牛ビビン丼”

豚ビビン丼の対抗馬としてあらわれたのが”牛ビビン丼”です。

いままでありそうでなかった待望の新作ですね。 

結論から言うと、激ウマでした!圧倒的ライバルの登場ですね。

食べたあとのガチレポ

 

 

激ウマでした。

牛めしに使われるいつもの牛肉ですけど、コチュジャンが加わることで一気にコクと深みが増す気がします。

小松菜のシャキシャキの食感もいいアクセントになってます。

コチュジャンに頼りきった旨みではなく、牛肉の旨みを最大限引き出したおいしさがありました。

 

牛肉のボリューム感も大満足 

牛ビビン丼にいたっては牛肉のボリュームも問題なしです。

器だけみても、牛ビビン丼のほうが大きめです。具材の量があきらかに違いました。

60円高いだけあって差をつけてますね。並でもじゅうぶん食べごたえがありました。

 

味といい、食べごたえといい、大満足でしたね。

 

牛ビビン丼が勝つのは既定路線?!

ぼくとしては牛ビビン丼の一択です。

豚ビビン丼しか食べてなかったら「んなわけあるか!」って思うかもですけど、食べたらわかりますよ。

平成のロングセラーをあっさり超えてしまった感があります。

 

令和のロングセラーとして生き残るのは、間違いなく牛ビビン丼でしょうね。

フタを開けてみないとわからないですけど、ぼくとおなじ考えをもつ人は多いと思います。

松屋さん的にも牛ビビン丼をレギュラー化させるつもりなんじゃないかと。

新作気合い入れすぎです笑 

やっぱり松屋は牛メニューのほうが強みだなぁと感じました。

 

関連記事

>> 松軒中華食堂でこだわりの炒飯とからあげ食べた感想。安くておいしい高コスパ店!

>>【ステーキ屋松】三鷹店で松ステーキを食べた感想!おいしい&コスパ最高だった!

>> 松屋の牛めしのおいしい食べ方はどれ?アレンジするなら岩倉スペシャルがおすすめ!

>>【松屋】朝メニューのソーセージエッグ定食を愛してます。おいしい食べ方も教えます。